FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作アンプを貸し出します

自作アンプのシェアリング・・・ですが,貸し出しはお休み中です。

ひとつひとつの部品に「魂(たましい)」を込めて組み上げていく自作アンプ。数多くは作れません。

数は少なくても多くの人使ってもらいたい。
助言を頂いてアンプを成長させたいという気持ちがあります。

とはいえ・・・根がずぼらなこともあり,レンタルはお休み中です。

alltubepreamp0.jpg

これがちょうど10年前に製作を始めたラックマウントタイプのギター用真空管プリアンプです。

「ALL TUBE PREAMP」と呼んでいます。

オールチューブとは別名フルチューブとも言いますが,真空管だけで動くアンプのことを(国内では)こう呼びます。



90年代後半,GROOVE TUBEをやMATCHLESSといったブティック・アンプが台頭し始めた頃,わたしは自作を始めました。

当時ラックマウントタイプのギター用真空管プリアンプというと,Bogner FISH,CAE 3+SE,Soldano X88R,GrooveTube TRIOなどが有名でした。
これらのプリアンプは真空管だけを使ったオールチューブ・サーキットです。
そのころ丁度普及してきたネットで回路図が手に入り,大いに影響を受けました。

いずれも評価の高いプリアンプだと思います。(実際に触ったことがあるのはTRIOだけですが)

一般論ですが,たいていのアンプはデカイ音を出せば気持ち良い音が出ます。それはギタリストだけに許された快感です。

しかし,録音してプレイバックを聞くと,ショボさに愕然とするわけです。
しかも,いつでもお気に入りの真空管アンプを大音量で鳴らせるような恵まれた環境はなかなかありません。

デジタル・プリアンプを使えば色々いじれるし,ステージでもレコーディングでも安定した音が出せるわけです。

最新デジタルプリアンプ,例えば,
Line6 POD,Avid Eleven Rack,FRACTAL AUDIO Axe-Fx,Kemper Profiling Amplifier などがあります。

もし,デジタルのトーンがなんか嘘っぽい,やっぱりちょっと遅れる。キレイすぎてリアルじゃない
と感じるならばシンプルで使いやすく,反応が良い,自然でリアルなトーンを出せるオールチューブアンプの出番です。



スポンサーサイト


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。