スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Soldano X99 というプリアンプ

Soldano X88Rは何かと有名な3chプリアンプですね。
結構影響を受けています(回路図から)。
設計者が誰なのか諸説あるようですが,3chというコンセプトも優秀ですし,回路設計自体も熟成されていて,真空管プリアンプとしてはひとつの到達点として目標にしています。

soldano_x99.png

Soldano X99はさらに先進性を極めたプリアンプです。
J-POPなギタリストのラックに鎮座しているのを見かけて気になってしまったのですが,これが面白い!!

何がというと,見た目のツマミは少なく,シンプルですがこのツマミをモータドライブしてMIDIで自動化してしてしまいました。
こんな具合です。

「ツマミが動く」という面ではYAMAHAのDGシリーズが衝撃的でしたが,あればDSPによるデジタルアンプです。

ニール・ヤングのデラックスが「Whizzer」によって操られるように真空管アンプの音色を自由自在に操れるわけです。
しかも,設定を保存し,MIDIで切り替えたりできるわけです。便利ですね~

ごっついサーボモータをこれだけ搭載すればそれだけでものすごいコストがかかるわけで,完全にプロユースですね。

ほかにもMIDIで制御できる真空管プリアンプはいくつかありました。

最近生産終了になったMESA BoogieのTriAxisはLDRというLEDとCDSを組み合わせた素子でトーンコントロールしています。
Marshall のJMP-1はカーオーディオなどで使われるイコライザー用のデジタルボリュームでトーンコントロールしています。

これら黒色のヤツと金色のヤツは友達が持ってたんで触ったことあります。
どれがどうのと優劣をつけるのは難しいですね。いずれも評価が高いですから。

しかしながら,X99はツマミを物理的に回しているわけですから,ピュアな真空管アンプに最も近いと思います。
操作性もよいでしょう。アンプタイプを選んでツマミを回して保存するだけですからね。パっと見てツマミの設定もわかるし。

切り替え速度が問題になりそうですが,動画を見ている限り一瞬です。う~ん。失禁しそう。

オール・チューブ・プリアンプを突き詰めるなら当然超えるべき壁です。。。
いや,日本人には作れないな~

しかも,最近はコンパクトな踏んづけタイプのプリアンプが数多く出てきました。
ラックマウントはハヤらないですね・・・
スポンサーサイト

最近のギターアンプ事情

ギターアンプも定期的に新製品が発売されますが,最近衝撃的だった製品を二つ上げます。

まずこれVOXの国内のWEBには情報が記載されていないようなので,島村楽器さんのニュースを引用しました。
http://info.shimamura.co.jp/guitar/news/vox-adio-air/

Adio_iPhone.jpg

かなり衝撃的ですね。VOXのグリルネットって商標登録されているらしいです。他社の製品では使えません。
完全にガジェット系ですね。50Wのモデリングアンプ内蔵のBluetoothスピーカーです。


おつきがこれ。
http://www.line6.jp/news/781/
g10t.png
ヤマハの完全子会社になったLINE6,基板設計の品質が上がることを切に望みますが,最新系はこれ。
えっと,どうやって使うのでしょう。
ドングルにさして充電後,ギターに挿せばOKかな・・・そんな雰囲気。
もはや説明文とか読む必要がない。写真1枚で説明できます。素晴らしい。



パワーアンプとの相性

自作ばかりやってきたお陰で,世の中の事情に疎くなってしまった。

最近のパワーアンプ事情を調べて,試して今更ながら分かってきたことがある。

きっと真空管アンプか,トランジスタアンプかまず悩むだろう。

ギターアンプに真空管がいまだに使われている理由。
暖かい音とか音楽的な歪みとかよく言うけど本当だろうか。

実は,真空管かトランジスタかといったデバイスの違いよりも大きな違いがある。

それはパワーアンプの特性のうち重要な数値のひとつであるダンピングファクタだ。

まれな例外を無視して要約すると真空管アンプはダンピングファクタが低く,トランジスタアンプは逆に高い。

ダンピングとはつまり制動力であり,アンプとスピーカーをどれだけ強く結びつけるか,を意味している。

同じ100Wのアンプでも真空管アンプは優しくおおらかにスピーカーを駆動するが,
トランジスタアンプは非常にタイトで強力にスピーカーを駆動する。

真空管アンプはスピーカーが自由に鳴ることからハイエンドの輝きがまし,ローエンドはルーズになる。

ダンピングファクタという電気的な特性の違いが,真空管アンプかトランジスタアンプかというデバイスの違いよりも大きな違いを生む。

例えば,オーディオ用の真空管アンプの中にはダンピングファクタが高いことを特徴としているアンプもある。
こういったオーディオ用のアンプでギター演奏するとつまらない音になるだろう。

逆に,トランジスタを使用したギターアンプでも故意にダンピングファクタを低下させて真空管アンプの感触を得ようしているモデルもある。

それでは,トランジスタアンプは絶対にギターアンプに向かないのだろうか?
ギター用のトランジスタアンプではダンピングファクタによるトーン変化に対して次の2通りのアプローチがある。

・イコライザーなどのトーンコントロールで似たような特性を作る
・ダンピングファクタを故意に低下させる回路にする

どちらかというと後者のほうが難易度が高く,制御が難しいため汎用性に欠ける。

前者はFractal+MATRIXが典型的な例だろう。
フラットな特性で使うとコモってて使えね~ってことになる。

ギター用のパワーアンプはプレゼンス回路の効果も合わせ,
先のダンピングファクタが低いことによるトレブルアップ効果があって典型的なエレキトーンとなる。

このALL TUBE PREAMPもパワーアンプの特性で大きくトーンが変わる。

トランジスタアンプで音色を作りこんできたが,やはり真空管のほうが気持ち良い。

裏ワザとして,特性の素直なトランジスタアンプを使う場合は
8Ω50Wなどのダミーロードに使われる抵抗をスピーカーと直列に接続すると
ダンピングファクタが下がり,真空管アンプのようにトレブルにメリハリがついたオープンなトーンになる。
もちろん,スピーカーに入る電力がロスするので,音圧自体は下がる。

高等テクニックなので誰でも実践できるわけではないが,実際にやってみたところ効果があった。

ということで,使用するパワーアンプは真空管アンプがよろしいと思われる。。
トランジスタアンプの場合はプレゼンスのコントロールくらいはないと本領を発揮できないと思う。。

パワーアンプとスピーカーについて

アンプを作るときに常に念頭に置いている音は「痛くない音」です。
単にこもった音を作るのは簡単ですが,抜けがよくかつ痛くない音を作るのは難しいです。

弦の死に具合やピッキングの仕方,弦高調整,ネックの反りも関係してきます。
そしてスピーカーの影響がとても大きいです。

最近はずっと下の写真の自作キャビにVINTAGE30を入れて使ってきました。


ちょうど友人からBlues Deluxeを預かっているのでスピーカーを拝借してみたところ,,,
オープンバックということもありローミッドのパンチが効いていて,しかもトレブルを上げるとフェンダートーンになるのです。

一方,パワーアンプは長らく自作のオーディオ用を使っていましたが,パワーアンプのキャラクターも大きな影響がありました。

今更ながらですが,ギターアンプはなぜ真空管アンプなのかを再認識しました。

Blues DeluxeのPowerAmpINにプリアンプを接続すると,まさにフェンダートーンになります。

自作アンプODS+Sで試してみるとこれまたトランジスターアンプとは世界の異なるバリっと張りがあり,ぶっとくて,あったかくて,抜けと分離がよくて,痛くない。そんな表情豊かな音が出てきます。

久しぶりに音量を大きめで演奏しましたが「気持ちイイっ!」の一言。
シングルトーンよりも特に複弦チョーキングが病みつきになります。

ところでODS+Sは3極管モードと5極管モードを切り替えられるようにしています。
3極管モードはゲインが下がり,トランジスタアンプのようにダンピング効いたレンジが広い音になります。
5極管モードはゲインが上がり,張りがあり抜けがよい真空管アンプ特有のトーンになります。

ふたつの違いはスピーカーを駆動するダンピングファクターにあります。

3極管は内部抵抗が低く,ダンピングファクターが高くなります。
5極管は内部抵抗が高く,ダンピングファクターが低くなります。

オーディオ用の真空管アンプは負帰還という技術を使ってこの差を吸収しています。
ギター用のアンプでも負帰還は使うのですが,微量なので差が出やすくなります。
特にODS+Sは負帰還を施していませんので差が出やすくなります。

トランジスタアンプはダンピングファクターが非常に高く,むしろ高いことを売りにしています。

ダンピングファクタでトーンが変化することは知っていましたが,再認識しました。

トランジスタアンプでも出力に抵抗を挟むとダンピングファクターを低下させることができます。
今日試したところでは,8Ω50Wの抵抗をスピーカーと直列につなぐとハイのジャリっとしたところが上がってきました。



実はスピーカ用のアッテネータも同様の問題を抱えています。

また,出力トランスも絡んできます。これはトランジスタアンプには使われない部品です。

ギターアンプにとってはスピーカー自体も,スピーカーをどのように駆動するのかも重要なファクターになってくるのです。

そして,一般的に認知されている気持ち良いトーンは偶然ではなく,真空管アンプでこそ作れるものだということです。

トランジスタアンプとDSPでも似たような音は作れますし,モデリングもできます。
しかし,それはトーン補正で合わせこんだだけのトーンです。
実際は様々な非線形要素が作用してきますので,も少し事情が複雑です。



ということで使用するパワーアンプはやはり真空管アンプをお勧めすることになります。

できれば,パワーアンプもセットにしたいところなのですが,パワーアンプはでかいんです。重いんです。

軽くてダンピングファクターを調整できるアンプを作ろうを考えています・・・

フェンダーのサイバーツインというアンプがありますが,非常にマニアックなトランジスタアンプを内蔵しています。
そんなに大規模じゃなくてよいので20Wくらいの小型アンプがあるといいと思っています。



スピーカーシミュレータも試しているので,ヘッドフォンアンプ付きのスピーカーシミュレータなんてはどうでしょうね。
時代的にはマッチする気がするけど。

2016年アンプ事情

レンタルを開始するにあたっていろいろ調べてみました。

話題性で見ると「フラクタル・オーディオ」,「ケンパー・アンプ」でしょうか。

そこにあえてオールチューブで挑む意味はあるのでしょうか?

利便性を考えるとそれはもうデジタル・テクノロジーにひれ伏すしかありません。

ただ,ギタリストはなぜか,偶然性から発生する音楽に激しくロマンを感じてしまう人種だったりします。
パソコンで作りこんでいくデジタル・ミュージックのような予定調和の世界ではなく,
何が出るかわからない。魔法のような,ギャンブルのような,そんなリアルな音楽に憧れてしまう。そんな。。

アナログにこだわるのならば優れたコンパクトエフェクターも沢山あります。

ラックマウント機材はすたれ,コンボアンプにエフェクターボードというスタイルが一般的になりました。

1940年ごろにエレキギターが生まれてから1960年ごろまでがフェンダーやギブソンを中心としたコンボアンプの成長期,
そこからロンドンを出発点として一気にアンプ・ヘッドが普及しました。

真空管プリアンプに限れば,1970年ごろから1990年ごろが成長期だったと思います。
つまり,メサ・ブギーからボグナーあたりまでと考えています。

日本ではBOSSのOD-1から始まり,ジャズコが普及し,90年代にはDSPを使用したマルチエフェクターが流行ってました。
当時の音にこだわるギタリストは冷蔵庫みたいなラックシステムを背負って演奏してました。憧れでした。

2000年ごろ低空飛行を続けていたコンパクトエフェクターが急速に花開きました。
DIYから派生したブティック系少数精鋭のストンプボックスがネットによる情報化と相まってあっというまに世界中に拡散したのです。

それまでは一部のマニアやテクニシャンが地味に行っていたアンプの改造やエフェクター作りが一気に市民権を得たわけです。
2000年から2016年までに多数のガレージメーカが乱立し,今では様々なストンプボックスが巷に溢れています。
いまやその流れが中国大陸へも伝播し安価で高品質なエフェクタがタケノコ状態です。

デジタルアンプに目を向けると,1990年代にはモデリングアンプという手法が現れ,音もよくなってきました。
LINE6のPODを筆頭にYAMAHAのDG-1000などのモデリングアンプが出てきたのが90年代末です。
モデリングアンプはやがてPC上のソフトウエアとしてプラグインされるようになりました。

デジタル化の背景にはオーディオのハイレゾ化によってオペアンプやAD/DAといったIC類が著しく進化した影響が大きいです。
DSPやマイコンの処理能力も各段に向上し,消費電力も下がったのでストンプボックスにレキシコン並みの処理能力が乗るようになりました。
さらにPCやタブレットと連携して設定編集も楽になり,やりたいことがサクサクできるようになったのも大きな要因でしょう。
Eleven Rackや Axe-Fx,Kemperなどが幅を利かせているのは利便性が高いことが大きな要因と思います。

しかも,いまやガレージメーカのデジタル化も進んでいます。
ヌーネイバーやストライモンのように一昔前では考えられなかったような性能を持つコンパクトエフェクターが普及してきています。

そんな中でなぜ真空管プリアンプ・・・

自作はある意味,多くの選択肢から偶然性を排除し,究極の目標を定めて普遍性を得ようとする試みです。
数多くある回路方式からひとつを選択し,古今東西問わず良いと言われる部品をかき集めて,組み合わせてベストなチョイスを探るわけです。

つまり,偶然という多くの原石の中から輝く宝石を見つけ出そうという作業なのです。大げさに言うとね。
無限の可能性から怪しげな偶然性に頼って糸を紡いでいく。
そのフィーリングはブルースマンやロッカーの生きざまに近いものがあり・・・んなこたねえか。

土をこねて器を作る陶芸にも似ている・・・ような。

私のトーン・クエストの終着点はプログラミングかもしれない。そんな気もします。
しかし,その過程の中で真空管が作り出す艶やかで芯がありダイレクトに胸に響く,血の通った音を極めておきたい。

その過程を皆さんと共有できるのもまた楽しかろう。と思っています。

いや,ただ,回路をちょっといじったり,部品を変えてみて音が変わるのが楽しい。
そんな原体験が原動力となっているだけなのかもしれないと思ってみたりも。。




 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。