FC2ブログ

WA-61A自作マイク

最近のサウンドサンプルは録音用のマイクを変えています。
そのせいか録れる音も変わっています。よりリアルな方向と思います。

デモ音源の録音にはながらくSONY PCM-D50を使ってきました。
これはこれでHiFiでハイレゾな繊細な音が取れるレコーダーなのですが,ローエンドが薄めの味付けになっています。
そもそもフィールドレコーディングを意識した一発録り用なので失敗しにくいようにローエンドを控えめに設計しているのだと思います。
リアルさあるのですが迫力に欠けたしらけたトーンになってしまう傾向がありました。

そこで今回登場するのが「パナ改」と呼ばれて親しまれているバックエレクトレック型の小型コンデンサマイクです。
型番としてはWM-61A,秋葉原で安価に売られていて人気がありました。
Φ6mmの極小ダイアフラムながら周辺回路を整えてやるとよい特性が得られるようです。
この小型マイクを真鍮パイプに埋め込んでみました。
wm-61A_pencil.jpg


真鍮パイプは適当に加工して黒く塗りました。この写真は塗装前です。
マイクの先端を意識した加工を施してみましたがあまり意味はありません。

増幅回路はオリジナルです。
できるだけワイドレンジにかつ感度よくローノイズに録れるように工夫しています。電源は9V電池です。

本来はスピーカーの特性を測定するために作成したのですが,せっかくですので録音にも使ってみました。

WM-61AはPCM-D50と比較してローミッドがゴリっとして迫力ある音が録れます。

そのかわりタッチノイズに弱く,マイクスタンドからゴソゴソノイズを拾ってしまいますのでマウントクッションに工夫が必要です。
それだけでなくマイクから引き出された配線に触れてもゴソゴソノイズが出ます。

あとは指向性がブロード(広い)ので狙った音以外の余計な音を拾いやすいです。
空気感や広がりが出やすいですが,マルチトラックレコーディングには向かないのかもしれません。

まだ工作途中なのですが可能性を感じますので,もう少しきれいにまとめたら全体像を紹介できると思います。

録音環境

12ax7_on.jpg

これは初段の12AX7ですが,出口はスピーカーです。そしてその音をとらえるのがマイクです。
最近の録音はごついコンデンサマイクを搭載したSONYのPCMレコーダ,PCM-D50を使っています。

ギターアンプ用のマイクといえばSHURE のSM-57。まずはこれです。ライブではさんざん使いました。便利なマイクです。
57は自宅録音用に持っていますが,ワンポイントステレオの自然な定位感とコンデンサマイクの繊細さが欲しくてPCM-D50を使っています。

ライブステージでもコンデンサーマイクが使われるようになり久しいです。
ラージダイアフラムのコンデンサーマイクを使うのが目標ではあります。
しかも改造してみたい・・・

ステージでは利便性や堅牢性も重視されますが,スタジオでのレコーディングに制約はありません。
マイクはもちろんのこと,アンプをいくつも持ち込んで・・・という逸話がたくさん残されています。

「あの音」はどう作られたのか?興味の尽きないところです。

最近のタクロッカーはライン録音も多用していると思います。
ライン録音場合は専用のプリアンプかパソコン上のプラグインで処理する場合が多いと思います。

アンプシミュレータも高機能で高音質,キャビネットの種類やマイクを選び,マイキングも簡単に変更できます。
それにともなう音色変化も自由自在です。デジタルMTRに搭載されたモデリングアンプではそれなりに遊びました。

結果的に出来上がった音はどうでしょう?
2000年代に入ってさまざまなデモ音源に出会うことができるようになりました。
各アンプメーカのサウンドサンプルを聞いてずいぶん勉強しました。
ただ,ひどい音でげんなりしたことは一度や二度ではありません。

空間系でお化粧をするくらいなまだしも,ダイナミクス系のコンプやリミッタで音圧を稼ぎ,よい音に見せかけている音源が多いです。

本来のギターアンプの音はそれほど立派じゃありません。
いろいろと処理をしてオケになじむようになっていくものと思います。

60年代のロックをよく聞きますが,スタジオ盤よりライブ盤が好きです。アンプの素の音が聴けます。

そういった音を意識してトーンを作りこんでいます。



 | ホーム |