概要説明

このプリアンプを作り始めたきっかけは,真空管だけを使ったオールチューブプリアンプでどこまでトーンを作りこめるか,これを確かめるためでした。

写真のようにこのプリアンプは12AX7を5本使っています。
そのうち1本は出力バッファなので,音作りには貢献していません。
左側4本で3種類のトーンを作り出します。



今年に入ってから10年ぶりに蓋を開けて再びあちこちいじりました。
10年たてばノウハウも蓄積されているわけで,だいぶいじりました。
特にダンブル系のノウハウの流通が進んでいますので,反映させました。

部品のお気に入りにも変化がありましたのであちこち入れ替えています。
抵抗はDALE,TAKMAN,カーボンコンプ。
コンデンサーはSOZO,マロリー,オレンジドロップ,マイカ,などなど,古今東西問わず色々使っています。
電解コンデンサーは電源部にしか使っていません。カソードのパスコンはタンタルにしました。
POTはCTSのナイロンシャフトです。ガリに見舞われたことはありません。

PtoP配線を極めた結果,各ノードにポストを一つ一つ立て配線しました。
背の高いラックケースと十分余裕のある部品配置との相乗効果によって部品同士の干渉が極めて少ない状態を作り出しています。

信号線の配線は主にLANケーブルをバラしてその中身を使っています。
カテゴリー6以上は単線ですので,7芯のカテゴリー5がちょうどよいです。

と,,,こだわりを詰め込んでいます。


フロントパネルこんな感じです。
frontpanel_20160618

ラックで2Uというと真空管プリアンプとしては標準的と思います。
頑張っているプリアンプは1Uに収まっていますけども。そこは無理していません。

このプリアンプ一言でいうと「ダンブルとボグナーが同居」した感じです。
1台で一通りのジャンルのギターミュージックに対応できるように考えて作っています。

あとは例えばチャンネルによって位相が反転しないとか,マニアックなこだわりも入れています。




実質的に公開開始

昨晩,他のページからここへリンクを貼った。
今晩すでにGoogleでヒットするようになった。
ちゃんと「自作アンプのレンタル」でヒットする。
すごいぞGoogle!!

文章がへたくそだったり,色々勉強が必要そうなので,
焦らないように自分に言い聞かせてます。

まだ準備中です。

8月には実際に貸出できるようにしたいです。



ちょっと振り返る

回路設計するうえで影響を受けたチューブプリアンプは以下のようになります。
いずれもラックマウントタイプのオールチューブプリアンプです。

・SOLDANO :X88R, X99R
・C.A.E. :3+SE
・Bogner :Triple Giant, Fish Preamp
・Groove Tubes :TRIO

これらは純粋に真空管のみで音が作られています。
例えば,ADA MP-1,Marshall JMP-1,MesaBoogie TriAxisは真空管だけではなくオペアンプも併用しています。

真空管を使えばいいってもんじゃないんですが(実際にひどい音の真空管アンプもある)
ピュアなトーンを得るにはシンプルなオールチューブ回路が有利だと考えています。

振り返ってみると市販されているギターアンプは所有したことがありません。
ですから,あまり偉そうなことは言えません。。

過去,実際に弾いてみて感心したアンプはSLO-100,ULTRA LEADでしょうか。

ギターアンプに求めるトーンとは・・・(わたくしてきに)
・明るく艶やかで抜けがよい
・アタックから余韻まで常にスムーズ
・ピッキングニュアンスが消えない
・ピックアップの個性が出る
・クランチからオーバードライブへスムーズにつながる
・ギターのボリュームで歪をコントロールできる

といったところです。

なんでをアンプを作ったんでしょ?
・・・
自分が満足する音を自分で作り出したかったということでしょう。



フロントパネルの写真

サンプルを録音してみたが,設定のメモが必要になります。
今回はフロントパネルの写真を撮ってみました。
frontpanel_20160618

これがフロントパネルです。まだ未公開・・・
三脚を立てなかった割にはまともに撮れたような・・・


サウンドサンプルのリンク確認

録音したサンプルをUPしてみました。まずはリンクの確認です。

MP3へ直接リンクなので「ファイルを開く」か「保存」すれば再生できるはず(自分の環境ではできた)。
MP3は128kbpsでエンコードすると1分04秒で1MBとなります。
フェードイン,フェードアウトを考えるとちょうど1分くらいが目安となります。

<リンクテスト>
STRATO DISTORTION
ES-335 DISTORTION

STRATO BOOST1
STRATO BOOST2

ES-335 BOOST1
ES-335 BOOST2

設定はこんな感じ・・・

テストなので取り急ぎ。。
コメント等はありません。



準備開始

せっかく作ったアンプ達も普段は寝てばかり。たまには働いてもらおう。

使ってくれる人を探してみることにします。

でも残念,タダではない。

メンテしないといけないし,管理に手間もかかる。
なんといっても愛着がある。

ということで,始めてみます。
手作りアンプのレンタル。




 | ホーム |