スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワーアンプとスピーカーについて

アンプを作るときに常に念頭に置いている音は「痛くない音」です。
単にこもった音を作るのは簡単ですが,抜けがよくかつ痛くない音を作るのは難しいです。

弦の死に具合やピッキングの仕方,弦高調整,ネックの反りも関係してきます。
そしてスピーカーの影響がとても大きいです。

最近はずっと下の写真の自作キャビにVINTAGE30を入れて使ってきました。


ちょうど友人からBlues Deluxeを預かっているのでスピーカーを拝借してみたところ,,,
オープンバックということもありローミッドのパンチが効いていて,しかもトレブルを上げるとフェンダートーンになるのです。

一方,パワーアンプは長らく自作のオーディオ用を使っていましたが,パワーアンプのキャラクターも大きな影響がありました。

今更ながらですが,ギターアンプはなぜ真空管アンプなのかを再認識しました。

Blues DeluxeのPowerAmpINにプリアンプを接続すると,まさにフェンダートーンになります。

自作アンプODS+Sで試してみるとこれまたトランジスターアンプとは世界の異なるバリっと張りがあり,ぶっとくて,あったかくて,抜けと分離がよくて,痛くない。そんな表情豊かな音が出てきます。

久しぶりに音量を大きめで演奏しましたが「気持ちイイっ!」の一言。
シングルトーンよりも特に複弦チョーキングが病みつきになります。

ところでODS+Sは3極管モードと5極管モードを切り替えられるようにしています。
3極管モードはゲインが下がり,トランジスタアンプのようにダンピング効いたレンジが広い音になります。
5極管モードはゲインが上がり,張りがあり抜けがよい真空管アンプ特有のトーンになります。

ふたつの違いはスピーカーを駆動するダンピングファクターにあります。

3極管は内部抵抗が低く,ダンピングファクターが高くなります。
5極管は内部抵抗が高く,ダンピングファクターが低くなります。

オーディオ用の真空管アンプは負帰還という技術を使ってこの差を吸収しています。
ギター用のアンプでも負帰還は使うのですが,微量なので差が出やすくなります。
特にODS+Sは負帰還を施していませんので差が出やすくなります。

トランジスタアンプはダンピングファクターが非常に高く,むしろ高いことを売りにしています。

ダンピングファクタでトーンが変化することは知っていましたが,再認識しました。

トランジスタアンプでも出力に抵抗を挟むとダンピングファクターを低下させることができます。
今日試したところでは,8Ω50Wの抵抗をスピーカーと直列につなぐとハイのジャリっとしたところが上がってきました。



実はスピーカ用のアッテネータも同様の問題を抱えています。

また,出力トランスも絡んできます。これはトランジスタアンプには使われない部品です。

ギターアンプにとってはスピーカー自体も,スピーカーをどのように駆動するのかも重要なファクターになってくるのです。

そして,一般的に認知されている気持ち良いトーンは偶然ではなく,真空管アンプでこそ作れるものだということです。

トランジスタアンプとDSPでも似たような音は作れますし,モデリングもできます。
しかし,それはトーン補正で合わせこんだだけのトーンです。
実際は様々な非線形要素が作用してきますので,も少し事情が複雑です。



ということで使用するパワーアンプはやはり真空管アンプをお勧めすることになります。

できれば,パワーアンプもセットにしたいところなのですが,パワーアンプはでかいんです。重いんです。

軽くてダンピングファクターを調整できるアンプを作ろうを考えています・・・

フェンダーのサイバーツインというアンプがありますが,非常にマニアックなトランジスタアンプを内蔵しています。
そんなに大規模じゃなくてよいので20Wくらいの小型アンプがあるといいと思っています。



スピーカーシミュレータも試しているので,ヘッドフォンアンプ付きのスピーカーシミュレータなんてはどうでしょうね。
時代的にはマッチする気がするけど。
スポンサーサイト

デモビデオ

夏休みの自由研究としてデモビデオを作ってみました。

BOOST Channelはストラトを使いました。
ツマミを回した感触を再現できるのが動画の良いところです。
音声はいつも通りPCM-D50です。



DISTROTION ChannelはES-335です。
ゲインを低めのクランチからゲイン最大までの変化をがわかると思います。




皆さんの声

皆さんからいただいオールチューブプリアンプの感想,レビュー
そして,サウンドサンプル,デモ音源などを紹介していければいいな~と妄想しています。


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。