自作アンプを貸し出します

自作アンプのシェアリング・・・現在貸し出しはお休み中です。

ひとつひとつの部品にたましいを込めて組み上げていく自作アンプですから,何台も作れません。
それでもできるだけ多くの方に使ってもらい,助言を頂いてアンプを成長させていきたいという気持ちもあります。
とはいえ,根がずぼらなこともあり,レンタルはお休みすることにしました。

alltubepreamp0.jpg

これがちょうど10年前に製作を始めたラックマウントタイプのギター用真空管プリアンプです。

「ALL TUBE PREAMP」と呼んでいます。

オールチューブとは別名フルチューブとも言いますが,真空管だけで動くアンプのことを(国内では)こう呼びます。



90年代後半,GROOVE TUBEをやMATCHLESSといったブティック・アンプが台頭し始めた頃,わたしは自作を始めました。

当時ラックマウントタイプのギター用真空管プリアンプというと,Bogner FISH,CAE 3+SE,Soldano X88R,GrooveTube TRIOなどが有名でした。
これらのプリアンプは真空管だけを使ったオールチューブサーキットです。回路図がネットで手に入るので大いに影響を受けました。

いずれも評価の高いプリアンプだと思います。(実際に触ったことがあるのはTRIOだけですが)

一般論ですが,たいていのアンプはデカイ音を出せば気持ち良い音が出ます。それはギタリストだけに許された快感です。

しかし,録音してプレイバックを聞くと,ショボさに愕然とするわけです。

しかも,お気に入りの真空管アンプを常に同じ設定で,気持ちの良い大音量で鳴らせるわけではありません。
デジタル・プリアンプを使えば色々いじれるし,ステージでもレコーディングでも安定した音が出せるわけです。

最新デジタルプリアンプ,例えば,
Line6 POD,Avid Eleven Rack,FRACTAL AUDIO Axe-Fx,Kemper Profiling Amplifier などがあります。

もし,デジタルのトーンがなんか嘘っぽい,やっぱりちょっと遅れる。キレイすぎてリアルじゃない
と感じるならばシンプルで使いやすく,反応が良い,自然でリアルなトーンを出せるオールチューブアンプの出番です。




年忘れの爆音録音


音量を大きくして録音してみました。
クリーン・チャンネルのボリュームを最大まで上げてみました。
VINTAGE30とPCM-D50といういつもの組み合わせです。

低音はもっと出ている気がするのですが,録ってみると控えめです。
PCM-D50は低音が薄めなので,ラージダイアフラムのコンデンサーマイクで試してみたいところです・・・


BOOST
TREBLE BASS MIDDLE GAIN MASTER



ES-335 CLEAN & BOOST:ピックアップはセンターポジションから始めています。
ボリューム全開のクリーン・チャンネルから初めて途中ブースト・チャンネルに切り替えています。
クリーンチャンネルはクリーン主体を考えているのでゲインは控えめにしています。
その後,途中でブリッジ側とネック側のピックアップに切り替えています。


STRATO BOOST:ピックアップはネック側です。
いまだにうまく弾けないのにやっつけ度だけが上がっていくような・・・



DISTORTION
GAIN TREBLE BASS MIDDLE MASTER


ディストーション・チャンネルですが,ゲインをかなり下げ目にしています。

ES-335 DISTORTION Low Gain:ピックアップはブリッジ側


STRATO DISTORTION Low Gain:ブリッジから途中でネック側に切り替えて,最後はブリッジに戻しています。

DISTORTION
GAIN TREBLE BASS MIDDLE MASTER


ハイゲインにしてみました。

ES-335 DISTORTION High Gain :ブリッジですね。

耳鳴りしてます。大音量に弱くなったな~



トーンバリエーション


トーン・バリエーションを録りたくて苦労してます。
演奏の上達はだいぶあきらめてるのですが,少しは練習しないと恥の上塗りか。ん?上塗りということは,下地も恥ずかしいということか。
もはや救いようがない。。

では,まずはストラトをBOOSTチャンネルで。


BOOST
TREBLE BASS MIDDLE GAIN MASTER


普段よりもトレブルを少し抑えてジャキジャキした感じを減らし,渋みを出してみました。

STRATO BOOST SRV風: 冒頭はネック側のハーフトーンでギターのボリュームを5まで絞っています。
その後はネック側とブリッジ側を適当に切り替えています。
オーバードライブ・ペダルを使わなくてもこの感触が出ます。

STRATO BOOST EC風:おまけ,ネック側

STRATO BOOST JIMI風: ミドル・ピックアップですね。このアンプで演奏するようになって少しギターの弾き方が変わってきたような。。
ざっくりざっくりした感じです。演奏がヨレヨレなのは愛嬌。


ES-335ではさらにゲインを下げて軽いクランチにしてみました。


BOOST
TREBLE BASS MIDDLE GAIN MASTER


いつもよりミドルを少し上げてファットな音にしています。335はトレブル7くらいがちょうどよいです。

ES-335 BOOST Blues in G: ピックアップセレクタはセンターのミックス・ポジションです。
倍音の乗り方が非常に難しい部分で,少しきつさが残っているように思います。GREEN BACKやG12-65などを使うとまた様子が違うと思います。
弾きたいフレーズと弾けるフレーズのせめぎ合い。ロベンっぽくできないね。




続いてディストーションチャンネルですが,ゲインを抑めの音も録音してみました。


DISTORTION
GAIN TREBLE BASS MIDDLE MASTER


パワーアンプでの歪みを意識していつもよりミドルを少し上げ目にしてみました。

STRATO DISTORTION JB風: ブリッジとネックを切り替えてます。
ストラトとディストーションを組み合わせるとドンシャリになりすぎるのでミドルをやや上げたほうが良いようです。
3連符で始めたけど,こうじゃない。何を弾きたいのすらわからない。これは録り直そう(笑)

ハム・バッカーの音は相変わらずES-335が担当しています。


DISTORTION
GAIN TREBLE BASS MIDDLE MASTER


ベースとゲインを抑えて古臭いトーンにしてみました。

ES-335 DISTORTION ロックっぽく: ブリッジ側です。
トレブルとミドルの設定が難しいです。やはりスピーカーを選んだほうがよいように思います。

ES-335 DISTORTION 白だま系: ブリッジとネックを切り替えてます。
テンポ・キープ全くできません・・・


もっといろいろなサンプル音源を録りたいのですが,演奏テクが追いつきません。。
めげずに恥をかいて生きようと思います。


録音環境はいつも通りですが,シールドがMOGAMI 3368でプラグがスイッチクラフトからHKM(日の出光機)に変わりました。
スピーカーはClestion VINTAGE-30のClosed Back,PCM-50のオンマイク,マイクポジションはX-Yではなく正面です。
今回も音量は小さめです。
いつもながらレベル調整を含めてコンプ,EQ,リバーブ等の録音後の処理は一切していません。




 | ホーム |