FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワーアンプとの相性

自作ばかりやってきたお陰で,世の中の事情に疎くなってしまった。

最近のパワーアンプ事情を調べて,試して今更ながら分かってきたことがある。

きっと真空管アンプか,トランジスタアンプかまず悩むだろう。

ギターアンプに真空管がいまだに使われている理由。
暖かい音とか音楽的な歪みとかよく言うけど本当だろうか。

実は,真空管かトランジスタかといったデバイスの違いよりも大きな違いがある。

それはパワーアンプの特性のうち重要な数値のひとつであるダンピングファクタだ。

まれな例外を無視して要約すると真空管アンプはダンピングファクタが低く,トランジスタアンプは逆に高い。

ダンピングとはつまり制動力であり,アンプとスピーカーをどれだけ強く結びつけるか,を意味している。

同じ100Wのアンプでも真空管アンプは優しくおおらかにスピーカーを駆動するが,
トランジスタアンプは非常にタイトで強力にスピーカーを駆動する。

真空管アンプはスピーカーが自由に鳴ることからハイエンドの輝きがまし,ローエンドはルーズになる。

ダンピングファクタという電気的な特性の違いが,真空管アンプかトランジスタアンプかというデバイスの違いよりも大きな違いを生む。

例えば,オーディオ用の真空管アンプの中にはダンピングファクタが高いことを特徴としているアンプもある。
こういったオーディオ用のアンプでギター演奏するとつまらない音になるだろう。

逆に,トランジスタを使用したギターアンプでも故意にダンピングファクタを低下させて真空管アンプの感触を得ようしているモデルもある。

それでは,トランジスタアンプは絶対にギターアンプに向かないのだろうか?
ギター用のトランジスタアンプではダンピングファクタによるトーン変化に対して次の2通りのアプローチがある。

・イコライザーなどのトーンコントロールで似たような特性を作る
・ダンピングファクタを故意に低下させる回路にする

どちらかというと後者のほうが難易度が高く,制御が難しいため汎用性に欠ける。

前者はFractal+MATRIXが典型的な例だろう。
フラットな特性で使うとコモってて使えね~ってことになる。

ギター用のパワーアンプはプレゼンス回路の効果も合わせ,
先のダンピングファクタが低いことによるトレブルアップ効果があって典型的なエレキトーンとなる。

このALL TUBE PREAMPもパワーアンプの特性で大きくトーンが変わる。

トランジスタアンプで音色を作りこんできたが,やはり真空管のほうが気持ち良い。

裏ワザとして,特性の素直なトランジスタアンプを使う場合は
8Ω50Wなどのダミーロードに使われる抵抗をスピーカーと直列に接続すると
ダンピングファクタが下がり,真空管アンプのようにトレブルにメリハリがついたオープンなトーンになる。
もちろん,スピーカーに入る電力がロスするので,音圧自体は下がる。

高等テクニックなので誰でも実践できるわけではないが,実際にやってみたところ効果があった。

ということで,使用するパワーアンプは真空管アンプがよろしいと思われる。。
トランジスタアンプの場合はプレゼンスのコントロールくらいはないと本領を発揮できないと思う。。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。