FC2ブログ

トーンバリエーション


トーン・バリエーションを録りたくて苦労してます。
演奏の上達はだいぶあきらめてるのですが,少しは練習しないと恥の上塗りか。ん?上塗りということは,下地も恥ずかしいということか。
もはや救いようがない。。

では,まずはストラトをBOOSTチャンネルで。


BOOST
TREBLE BASS MIDDLE GAIN MASTER


普段よりもトレブルを少し抑えてジャキジャキした感じを減らし,渋みを出してみました。

STRATO BOOST SRV風: 冒頭はネック側のハーフトーンでギターのボリュームを5まで絞っています。
その後はネック側とブリッジ側を適当に切り替えています。
オーバードライブ・ペダルを使わなくてもこの感触が出ます。

STRATO BOOST EC風:おまけ,ネック側

STRATO BOOST JIMI風: ミドル・ピックアップですね。このアンプで演奏するようになって少しギターの弾き方が変わってきたような。。
ざっくりざっくりした感じです。演奏がヨレヨレなのは愛嬌。


ES-335ではさらにゲインを下げて軽いクランチにしてみました。


BOOST
TREBLE BASS MIDDLE GAIN MASTER


いつもよりミドルを少し上げてファットな音にしています。335はトレブル7くらいがちょうどよいです。

ES-335 BOOST Blues in G: ピックアップセレクタはセンターのミックス・ポジションです。
倍音の乗り方が非常に難しい部分で,少しきつさが残っているように思います。GREEN BACKやG12-65などを使うとまた様子が違うと思います。
弾きたいフレーズと弾けるフレーズのせめぎ合い。ロベンっぽくできないね。




続いてディストーションチャンネルですが,ゲインを抑めの音も録音してみました。


DISTORTION
GAIN TREBLE BASS MIDDLE MASTER


パワーアンプでの歪みを意識していつもよりミドルを少し上げ目にしてみました。

STRATO DISTORTION JB風: ブリッジとネックを切り替えてます。
ストラトとディストーションを組み合わせるとドンシャリになりすぎるのでミドルをやや上げたほうが良いようです。
3連符で始めたけど,こうじゃない。何を弾きたいのすらわからない。これは録り直そう(笑)

ハム・バッカーの音は相変わらずES-335が担当しています。


DISTORTION
GAIN TREBLE BASS MIDDLE MASTER


ベースとゲインを抑えて古臭いトーンにしてみました。

ES-335 DISTORTION ロックっぽく: ブリッジ側です。
トレブルとミドルの設定が難しいです。やはりスピーカーを選んだほうがよいように思います。

ES-335 DISTORTION 白だま系: ブリッジとネックを切り替えてます。
テンポ・キープ全くできません・・・


もっといろいろなサンプル音源を録りたいのですが,演奏テクが追いつきません。。
めげずに恥をかいて生きようと思います。


録音環境はいつも通りですが,シールドがMOGAMI 3368でプラグがスイッチクラフトからHKM(日の出光機)に変わりました。
スピーカーはClestion VINTAGE-30のClosed Back,PCM-50のオンマイク,マイクポジションはX-Yではなく正面です。
今回も音量は小さめです。
いつもながらレベル調整を含めてコンプ,EQ,リバーブ等の録音後の処理は一切していません。



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |