FC2ブログ

サウンドサンプル(PRS McCartyにて)


PRSのMcCartyの調整やらメンテナンスにそこそこ満足したのでデビューさせることにしました。
ほんとに一番メンテが自分の必要なのは演奏テクなのですが・・・

BOOST
TREBLE BASS MIDDLE GAIN MASTER


クリーン・チャンネルです。詳細はまだ公開していませんが,パワーアンプ部の部品を交換しているのでアンプの音もちょっと変化しています。

170206_MC_CLN: 単音フレーズ,ボリュームは5
ピックアップはセンター,ネック,ブリッジ,センターという流れです。
センターとブリッジの音が気にってます。コイルタップも面白いですが今回は録音してません。

170206_MC_BST01: アトランタ風
この曲を弾くためのギターだったりするのでしょうか。
だとしたら失礼極まりない演奏で申し訳ないです。

170206_MC_BST02: 歯切れの良い感じで
ピッキングニュアンスを拾いすぎて難しいです。下手さが際立ちます。
335よりも明るい音色で嬉しいです。

170206_MC_BST03: ゲイン最大!
やけくそでゲイン最大にしてみました。(いつもこのパターン)
このアルペジオでも和音を弾いても埋もれにない感じはこのアンプの特徴です。ピックアップはブリッジです。

170206_MC_BST_SLD: スライド
演奏は究極的にひどいのですが・・・ギターのサスティーンがあるのでスライドはしやすい!

うーん。ストラトは付き合いが長いので,わかり切ってるのですが,McCartyはまだ1ヶ月なので何がどう出るかわかりません。
トーンは文句なしなのですが,演奏がこれではサンプルにならん・・・いやここはインフルのせいにしよう!39℃の熱のせいだ!

DISTORTION
GAIN TREBLE BASS MIDDLE MASTER


ディストーションも非常に気持ち良いです。

170206_MC_DST01: ゲインは5
なんだか冒頭のリフはどっか拍がひっくり返ってる気がする。演奏に関しては自虐ネタとして攻め続けるしかない。
ちなみに最後の短音フレーズは途中でピックアップを切り替えてます。

170206_MC_DST02: ゲイン最大!
で,やっぱりゲイン最大にしてごまかす。
やはり録音してしまうと違いが分かりにくいですが,ゲインを最大にすると歪みの深さと弾力だけが増して温度が上がってジュワっとジューシーになった感じです。

最後のおまけはブースト・チャンネルとディストーション・チャンネルの比較です。

170206_MC_BST-DST: 比較
前半はブースト,後半がディストーション。
ブーストはミドルがぎゅっと詰まった古臭い音です。ディストーションはザクザクしたモダンな音です。
左手のビブラートでサスティーンを伸ばそうとしてるのがバレバレですね。。。

録音環境はいつも通り,VINTAGE30とPCM-D50,EQなしです。
シールドは3368なので,ピックアップの負荷容量が軽いです。もう少し負荷容量をぶら下げてやるとビンテージ系の音になると思います。
ギターのボリュームとトーンは全開です。トーンを少しぼった感じも好きです。
やはり実際より低域が薄いように思います。ラージダイアフラムのコンデンサーマイクが欲しいです。


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |