レンタルはお休みします

壊れていたチャンネル切り替え回路の修理はあっけなく終了しました。
壊れた原因をはっきりさせ,壊れにくくするために改良も施し,何の問題もなく使えるようになりました。
毎晩楽しくギターを弾いています。

Blogを始めようと思いついたのがちょうど1年前位ですが,色々変化がありました。
・もういじらいないと思っていたALL TUBE PREAMPが別物に進化した(してしまった)
・弾くのが楽しすぎてへそくりを断捨離,新しいギターを買ってしまった
・次に作るアンプの構想を練っている

使わないアンプで小遣い稼ぎをしようという,ヨコシマな心に対する後ろめたさ,ずぼらな性格,他力本願・・・色々あり。

それ以上に感じるのが,ギターアンプ・マーケットに起きている変化。

2010年前後でしょうか。ブティックアンプ・メーカーが5W程度のシングル・コンボをこぞって発売していました。
真空管アンプも価格破壊の波が押し寄せ,100Wの真空管アンプが5万円を切りました。
そして最近は真空管でも小型のミニアンプがブームに・・・

逆の流れとして大手メーカーにもHW(ハンド・ワイアード)の流れがあり,こちらは高級機種ですが,これではアンプ・ビルダーの立つ瀬がありません。

すそ野のひろい米国本土はまだよいにしても,零細な日本ではギターアンプはますます下火です。

そして,エフェクターの進化もあります。
ボグナーがストンプボックスを発売。プリアンプはもう足元に置く時代です。

D級などのパワーアンプの進化も遅まきながら着実です。50Wのアンプが手のひらサイズになりました。

デジタル化もどんどん進みます。スマホのアプリで動かすエフェクタサイズのプリアンプも登場してきています。


自分に立ち戻ると結局,自分が欲しいものを自分で作りたいだけで,誰かのために心を込めてアンプを作るということにそんなに興味があるわけじゃないです。このBlogを始めてよくわかりました。
自分勝手に思うがままにテキトーに流してるくらいがちょうどよい。

それに,このALL TUBE PREAMPが今手元からなくなるととても寂しい・・・
片時も離せなくなってしまいました。

ギターのトーンというのはとても個人的なもので,ラジカセを改造して鳴らしていたあの音でもいいんじゃないかと思うことがよくあります。ぼけた電解コンデンサの音がよかったりとか。発振寸前がきもちいとか。

マーシャル3段積みをフルボリュームで弾いたことがあるわけでもなく,ツイード・ベースマンも弾いたことないです。
あこがれのBognerやDumbleも弾いたことありません。
ただ,店頭でブティック・アンプを試奏して感心したことがないのも事実です。

自分が欲しい音を自分で作り出す。それができている今は満足です。

自分だけのトーンを独り占めするのが一番の贅沢なのだと。これは新しいギターを買って気づきました。

トーンはシェアリングできるのではと思っていたのですが,やはり自分だけモノなのだということです。

なんだかんだ・・・ということでレンタルはしばらくお休みと宣言します。


最後に録音UPしてから大胆にいじってますのでまた録音はしなきゃ。YouTubeもたまになら。
そのためにはギターの腕を磨き,録音機材をもう少し充実させて,スピーカーをあれこれ取り替えて・・・・・・やりたいことは尽きないわけで。


さて,別件ですが,エレキギターのトーンを語るうえで重要なピックアップとシールド,真空管の関係をまとめてみました。
エレキギターと真空管アンプの等価回路
参考になれば・・・

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |