スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギブソン・スタイルのシールド線

shield_wire_2-braid.jpg

PRSのMcCartyの配線をリペアした際にギブソン・スタイルのシールド線を購入しました。

わざわざビンテージ・スタイルという2本編みシールド線を購入しましたが,このシールド線の静電容量(Capacitance)を測ってみました。

測定はLCRメーターを使い,1kHz,250mVという設定で測定したところ,510pF/mという値がでました。

普通のギター用のシールド・ケーブルは70pF/m~160pF/mですからずいぶんと大きいです。
綿巻きかつワックスがかかっているからだと思います。

そしてギターに元々付いていたオリジナルのシールド線は長さ17cmで152pFという静電容量でした。
1mに換算すると894pF相当します。これはまたさらに倍近く大きいですね。
ハンダのヤニを吸っているせいもあると思います。

リペアした時にトーンの変化に驚いたのですが,配線材の交換により静電容量がだいぶ変わっていたようです。



さて,PRS McCartyはGibson Les Paulを意識して作られていますが,大きな違いのひとつにトグルスイッチの配線があります。
レスポールはスイッチがネック側にありますので,ボディ内を長々と配線を引き回しています。
一方マッカーティーはブリッジ側にスイッチがありますので配線が短いのです。

そしてPRSはそのことを承知しています。
こちらの配線図を見ると20インチのシールド線を使うように指定しています。
https://www.prsguitars.com/csc/schematics/2012/mc58_2012.pdf

20インチは50センチですから,250pF~400pFくらいの静電容量がぶら下がることになりますので当然トーンに差が出ます。

オリジナルのPAFを使おうがレプリカだろうがシールド線の静電容量を無視したら同じトーンは出ません。

静電容量が小さいとすっきりしてハイが伸びピッキングニュアンスはでますが,元気がなくギスギスした感じになります。
一方で静電容量を大きくしていくと粘っこいところが出てきて明るく元気な音になります。

どちらがビンテージかといえばもちろん静電容量が大きい方がビンテージなトーンといえます。

どのくらいの静電容量が適切なのかググっても答えは出ません。好み次第といえます。

実験をしてみると,500pF~2000pFくらいの範囲なら普通に使えます。
3000pF~4000pFになるとミッドブーストになり,0.01uF~0.015uFではいわゆるウーマントーン,それ以上はモコモコした音になります。

500pF~2000pFの間のいくつがよいのか,もう少し詳しく実験しようと思っています。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。