スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピックアップの負荷容量(Load Capacitance)の違い

今日もエレキギターのピックアップとギターケーブルの静電容量の話です。

シールドケーブルの静電容量によってトーンが変わりますよ。という話ですが,実際のところは「なんぼのもんじゃい」というのが本音です。

そこで実際に演奏して録音してみました。
ピックアップの負荷容量(Load Capacitance)として取り付けるコンデンサーの容量を切り替えながら録音しました。

アンプの入力部に切り替えスイッチを設けてコンデンサーを切り替えています。
負荷容量無し,1000pF,2200pF,4700pFと切り替えて演奏してみました。

なお,シールドはMogami 3368とHKM(日の出光機)のプラグで自作した3メートルのケーブルを使っています。
シールドケーブルの静電容量が220pFはくらいあります。


ストラトのほうが分かりやすいのでまずストラトのブリッジ側ピックアップで試しました。
0:00~ : 追加負荷容量なし(+シールドケーブル静電容量220pF)
0:15~ : 負荷容量1000pF(+シールドケーブル静電容量220pF)
0:30~ : 負荷容量2200pF(+シールドケーブル静電容量220pF)
0:45~ : 負荷容量4700pF(+シールドケーブル静電容量220pF)
ストラトのブリッジ・ピックアップはハイ上がりで使いにくいのですが,1000pFでギスギスしたところが取れて,2200pFくらいをぶら下げると明らかにぶっとくなってきます。4700pFはやりすぎ感があり,こもった感じになってきます。

170501_ST_BRD_Load_Capacitance.mp3

ネック側のピックアップではこんな感じです。

170501_ST_NEK_Load_Capacitance.mp3

ジミヘンやレイボーンのライブの音は2200pF~4700pFの間にありそうです。


ハムバッキング系ではどうでしょうか。
PRS Mccartyのブリッジ側です。
0:00~ : 追加負荷容量なし(+シールドケーブル静電容量220pF)
0:15~ : 負荷容量1000pF(+シールドケーブル静電容量220pF)
0:30~ : 負荷容量2200pF(+シールドケーブル静電容量220pF)
0:45~ : 負荷容量4700pF(+シールドケーブル静電容量220pF)
負荷容量なしだと少々痛い感じがしますが,1000pFですでにぶっとくなってきます。
普通に使えるのは2200pFまでで4700pFはもはやミッドブーストです。でもこういう音どこかで聞いたことありますね。

170501_MC_BRD_Load_Capacitance.mp3

センターのハーフトーンはこんな感じです。
1000pF~2200pFのトーンがオールマンのフィルモアライブに近い気がします。

170501_MC_HLF_Load_Capacitance.mp3



著名なギタリストの使った,ギターはもちろん,アンプ,エフェクターは語りつくされていて,各種伝説,リスペクト系商品がちまたにあふれていますが,そのギタリストがどのようなシールドケーブルを使っていたかはあまり語られていません。

ジミヘンはカールコードを使っていて,で3000pFくらいだよ~という情報はあります。レイボーンもわざわざ容量の大きいケーブルを使っていたようです。
そしてトーンから推測するにやはり少なくとも1000pF以上,2200pF~3300pFくらいの容量のケーブルを使っていたようです。
ジミヘンやレイボーンでもスタジオ盤の音はブライトです。ライブの音はもっとぶっとくてミッドブーストしたような音になっています。
私は「Are You Experienced」より「Radio One」を,「Texas Flood」より「Live Alive」を先に聞いた都合か,彼らの音は後者,ライブ音源の音が耳に残っています。

ストラトのようにシングルコイル・ピックアップは特に負荷容量の影響が大きいと感じました。
PAFのようなハムバッキング・ピックアップはもともとインダクタンスが大きく,ピックアップ自体の静電容量も大きいのだと思います。
さらに,ギブソンはギター内の配線も容量の大きなシールドケーブルを使っていますので,ギターだけでもそこそこの負荷容量がついていて,ケーブルの影響はその分だけ少ないとも言えます。
ハムバッカーのケーブルの違いはアンプ設定やスピーカの種類,マイキングで補正可能なレベルと思います。

なのでオールマンのフィルモアライブの音に関してははっきりしたことは言えません。
マーシャル直結で,スピーカーはJBLだという説がありますが,JBLでああいうトーンになるとすると,それなりの静電容量を持ったケーブルが必要でしょう。でもデュアンが使ったケーブルについて語ってくれる人はいないのです。


今日は実験結果をまとめたところで終わりです。
3メートルでも12メートルの音がするシールドは作ってみましたが・・・
3メートルでもカールコードの音(つまりジミヘンの音)がするシールド需要があるかな?
需要があれば作るんですが・・・






Radio Oneの方がアルバムとしてはまとまりがよいけど,BBCセッション方が色々入っていて網羅的。





コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。