FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fender American Standard Bridge Upgrade

10年単位のチューンアップ続き・・・


Model #: 0075091049を入手しました。
こんなパッケージです。


非常にシンプルで合理的な梱包ですね。


内容物はこんなこんな感じです。
ブリッジはもちろん,アンカー,スタッド,スプリング,ハンガー,トレモロアームのティップは2色入りです。


トレモロ・ブロックはナナメに面取りされています。
弦がタルタルになるくらいアーム・ダウンしたときにボディにぶつからないようにするための配慮です。
これはビンテージ・シリーズにはない,アメスタ・ブリッジの特徴です。


ベンド・サドルに2点支持ですね。


新旧比べてみましたが,なんと,ブリッジプレートの厚みが違います。
新しい方が薄く3.5mm,古い方は4.5mmです。


みた目的にはレトロな新タイプ,モダンな旧タイプです。


ピボット部の面取り形状は同様に見えます。
6点止めと違い,2点止めはスタッドに対してナイフエッジになるように加工されています。


トレモロ・ブロック(イナーシャ・ブロック)の高さが違います。
1mmほど異なります。ボディが薄いギターに対応するためでしょうか。


これじゃ比較にならないですね。


スタッドの間隔はぴったりと一致します。


アームの見た目は変わりませんね。
しかし,古いアームを新しいブリッジにねじ込むと途中までしか入りません。
微妙に寸法が異なるようです。



さあ,ここから重さ測定です。
ドキドキしますね~(笑)
新モデルは320gです。


旧モデルは335gです。



ブロックの重さだけ比較してみましょう。
新モデルは230g,旧モデルは209gです。
フェンダーの言う通り,新モデルの方が重いです。



プレートの重さは厚みが効いていて,新モデルは64g,旧モデルは82gです。
旧モデルの方が1mm厚いです。



その他,サドルなどの重さは,新モデルは25g,旧モデルは44gです。
ブロックタイプの旧モデルはさすがに重いです。



新モデルのブロックです。ミーリングパターンは見られません。
銅を配合した鉄(Steel)という宣伝文句から考えて鋳鉄です。鋳造(キャスト)なのでミーリングパターンはありません。
ビンテージ・モデルはCold Rolled Steel(冷間圧延鋼)だといわれていますので素材が異なります。


サドル・ネジが短いものが二つあります。
1弦と6弦に使います。


プレートとブリッジを固定するネジのピッチは21.3mmくらい。正確に測るのは難しいです。


トレモロブロックは重くしたけど,サドルとブリッジ・プレートは軽くした。
それがトーンにどう影響があるのか・・・
音の違いは後日・・・

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。