スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Soldano X99 というプリアンプ

Soldano X88Rは何かと有名な3chプリアンプですね。
結構影響を受けています(回路図から)。
設計者が誰なのか諸説あるようですが,3chというコンセプトも優秀ですし,回路設計自体も熟成されていて,真空管プリアンプとしてはひとつの到達点として目標にしています。

soldano_x99.png

Soldano X99はさらに先進性を極めたプリアンプです。
J-POPなギタリストのラックに鎮座しているのを見かけて気になってしまったのですが,これが面白い!!

何がというと,見た目のツマミは少なく,シンプルですがこのツマミをモータドライブしてMIDIで自動化してしてしまいました。
こんな具合です。

「ツマミが動く」という面ではYAMAHAのDGシリーズが衝撃的でしたが,あればDSPによるデジタルアンプです。

ニール・ヤングのデラックスが「Whizzer」によって操られるように真空管アンプの音色を自由自在に操れるわけです。
しかも,設定を保存し,MIDIで切り替えたりできるわけです。便利ですね~

ごっついサーボモータをこれだけ搭載すればそれだけでものすごいコストがかかるわけで,完全にプロユースですね。

ほかにもMIDIで制御できる真空管プリアンプはいくつかありました。

最近生産終了になったMESA BoogieのTriAxisはLDRというLEDとCDSを組み合わせた素子でトーンコントロールしています。
Marshall のJMP-1はカーオーディオなどで使われるイコライザー用のデジタルボリュームでトーンコントロールしています。

これら黒色のヤツと金色のヤツは友達が持ってたんで触ったことあります。
どれがどうのと優劣をつけるのは難しいですね。いずれも評価が高いですから。

しかしながら,X99はツマミを物理的に回しているわけですから,ピュアな真空管アンプに最も近いと思います。
操作性もよいでしょう。アンプタイプを選んでツマミを回して保存するだけですからね。パっと見てツマミの設定もわかるし。

切り替え速度が問題になりそうですが,動画を見ている限り一瞬です。う~ん。失禁しそう。

オール・チューブ・プリアンプを突き詰めるなら当然超えるべき壁です。。。
いや,日本人には作れないな~

しかも,最近はコンパクトな踏んづけタイプのプリアンプが数多く出てきました。
ラックマウントはハヤらないですね・・・

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。