FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017も暮れてきて・・・久しぶりに音源UP


今月のギタマガはフェンダージャパン特集でしたね。初めて買ったギターはST54です。実家にまだあるはず。

さて現在愛用のカスタムショップ・アメクラ・ストラトのブリッジをプレスサドルに交換してから録音できてませんでしたのでチャレンジしてみました。

SRV風を2発。


BOOST
TREBLE BASS MIDDLE GAIN MASTER


普段よりもトレブルを少し抑えてジャキジャキした感じを減らし,渋みを出してみました。

STRATO BOOST SRV風: 冒頭はネック側のハーフトーンでギターのボリュームを5まで絞っています。その後はネック側です。
前回のサンプルよりもピッキング強調されてフェンダーらしいトーンになっているはずです。

STRATO BOOST SRV風:おまけ,ブリッジ側です。

ディストーションチャンネルです。設定はメモってません。

STRATO DIST JIMI風: ブリッジ側のピックアップですね。ディストーションでもピッキングのアタックが抜けてきます。
やはりこれがフェンダートーン!!


McCartyではスピーカーを変えてみました。いつものVintage30ではなくEVM-12Sです。さらに設定を思い切って変えています。ダンブル風にしてみました。


BOOST
TREBLE BASS MIDDLE GAIN MASTER


ポイントはミドルを全開にしてトレブルも上げ気味にしています。ベースはやや控えめです。

McCarty BOOST in A: ピックアップセレクタはセンターのミックス・ポジションです。
前半はギターのボリュームを5まで絞って軽いクランチにしています。カッティングの抜けがよくて気持ち良いです。
ボリュームを上げると粘りが出てきます。ロベンっぽくはできないね。




続いてディストーションチャンネルですが,最もヘビーなセッティングにしてみました。よく知らないけどEVMだからザック風かな?


DISTORTION
GAIN TREBLE BASS MIDDLE MASTER


ベースを全開,ミドルをゼロという節操のないセッティングです。

McCarty DISTORTION: ピックアップはブリッジ側です。


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。